child_title

定期的なケアで良い状態の永久歯へ

子供の歯は、大人と比べ虫歯の進行が早いのが特徴です。いずれ抜ける物だからそのままで良い…とは考え ないで下さい。大きな虫歯ですと永久歯が形成不全になったり、永久歯の生える場所がなくなってしまったりといった乱杭歯の原因になることがあります。ま た、虫歯菌は感染するので周囲の方のご協力も必要となります。小さいうちから早めにケアすることで、虫歯のない歯にしてあげることができますし、定期的な ケアをしていれば歯並びの良い状態で永久歯に移行させてあげられます。それは親から子供への大きなプレゼントとなるはずです。

A cavity advances faster on it a baby tooth. Please don’t get the idea that, since a baby tooth will be gone, a cavity in it isn’t a big deal. An advanced cavity in a baby tooth might give an effect on the coming permanent tooth. Bacteria found in tooth cavities can be infectious, so it is needed for your family to work for dental prophylaxis together. Giving your kids regular dental care might be an advantage for your kids’ teeth. That could be a big gift for your kids.

child_img1

親子で虫歯ケア

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に、虫歯菌はほとんどいません。乳歯が生え揃い、食事形態が変化する 1歳半から2歳半の時期に虫歯菌が感染しやすく、この時期は”感染の窓”と呼ばれています。この時期にいかにお子さんに虫歯菌を感染させないかが、虫歯に なりにくい子どもを育てるのに重要となります。規則正しい食習慣、虫歯になりにくいおやつの食べ方。小さい頃から味覚を育てて、バランスの良い栄養接収と 砂糖の摂取方法を知る事は虫歯予防だけではなく、全身の健康にとても大切な事です。親子でしっかりと虫歯ケアをしていくために、ケアのポイントをお伝えし ます。

There is nearly no bacteria found in tooth cavities in a baby’s mouth. The baby tooth turn into vulnerable for cavity around 1 year and a half – 2 years and a half. Dental prophylaxis in this term is very important for your kids’ teeth. A well regulated diet, a controlled snack habit, and a well balanced nutrient intake are important for your kids’ health. We would like to teach how to manage you and your kids’ dental health.

child_img2